PATTERN MAKER MEDIA

パタンナーのリアルな仕事内容から就職・転職について

《パタンナーの仕事》

この記事を見ているあなたはパタンナーって言葉を聞いたことがある、

パタンナーに興味のある人だろう。

 

しかし、一般的に「パタンナー」という言葉を知らない人もいる。

簡単に「パタンナー」についてまとめます。

パタンナーとは

MD(マーチャンダイザー)が選んだ生地とデザイナーが描いたデザイン画を元に、パターン(洋服の型紙)を作り、量産するための仕様書を作る人です。

一概にパタンナーと言っても、勤める会社によって立場や仕事内容は大きく変わる。

服飾専門学校でもあまり実際の仕事内容について教えてくれない場合が多いので、参考にしてもらえればと思います。

 

【アパレルメーカーのパタンナー】

自社にMD・デザイナー・パタンナーのデザインチームがある場合は自社のデザイナーと相談しながらパターンを作成することになる。この場合、大抵は自社に生産チームがあるので、生産担当者にパターンや仕様書を渡すのが仕事で、他社とコンタクトをとることはほとんどない。

ブランドごとにチームがあり、そのブランドのみ担当する場合もあるし、社内のパタンナーチームの一員として色んなブランドのパターンを担当することもある。

また、担当アイテムごとに分かれている場合もある為、就職や転職の際は、自分の得意なアイテムやテイストなどを把握してアピールすると共に、入ろうとしている会社の体制をしっかり確認しておくべき。

アパレルメーカーの多くが売り場を持っており、店舗側からの意見なども多く上がってくる。「売る現場」と「ブランディングする側」の意見を聞きながら、どの意見を取り入れて「洋服」という商品を作り上げるのか、クリエイションの要素もとても強い。

 

【企画会社や商社のパタンナー】

簡単に2種類に分けられる。

①「こんな生地のこんなデザインが流行りますよ。」と提案し、相手先(アパレルメーカー)のブランドネームをつけ、生産、商品を納品する。OEMという商売。

②相手先のデザインを、生地や工場を手配して生産、納品する。ODMという商売。

企画会社や商社であれば部署によって得意なテイストがあるので、入社前にどんなブランドに納品しているか、アイテムなどを確認しておくべき。

デニム工場を持っていて、デニムが得意な企画会社など、本当はエレガントで綺麗めなテイストが好きなのに、デニムの会社に入ってしまった。などの(そこまで極端なことは無いとは思うが)採用ミスマッチは会社も自分も苦しくなる。

また、提案ありきな部分が大きいため、流行りを追いかけるだけでなく、いち早く「世の中の流れを読み」デザイナーと共に「商品に落としこむ力」が求められる。

 

【パターン外注会社のパタンナー】

自社にパタンナーを持たない、人が足りない場合に外注パターン会社に依頼することになる。

主に、アイテムやパターン枚数、トワルを作成するか否か、パターンを作って納品することで儲けが決まる為、作業の速さ(もちろん客先のイメージの再現性も)が求められる。

また、工場と組んで生産まで請け負っていたりする場合もある為、入社前にどこまでがパタンナーの作業範囲であるか確認が必要。

色んなテイストを体験できることもあり、武者修行にはもってこいだと思うが、在学中や就職してから少しでも「速さ」に自信がなければやめておいた方がいい。

デザイン・生産含めての納品のリードタイムと比べて、少しでも遅れると取り返せなくなってくるので、時間管理能力が問われる。

 

【工場のパタンナー】

工場から、得意なデザインなどを提案することもあるにはあるが、一般的に工場は受け身で依頼された仕事を納期までに納めることが仕事となる。

仕様書のみで依頼が来る場合は、パターンを作成し工場向けに仕様書を書き直したりする。

また、仕様書とパターンで依頼が来ても、工場で縫いやすいパターンに修正が必要なことも多い。

また、裁断用のマーキングやグレーディングまで依頼される場合もあり、生産の効率も考えながらパターンの作成、客先と相談できる人材が求められる。

工場の設備に詳しくないアパレルメーカーなどからは、細かい指示がないことも多くいかに効率のいい仕様や綺麗な仕上がりに出来るかが腕の見せ所だ。

納期管理は別に担当者がいる場合もあるが、生産管理の仕事も兼務する場合もあり、現場の工員と客先の板挟みになることもあり、コミュニケーション能力も重要。

 

 

専門学校の就職指導では、自己分析だなんだと教えられるが、職種の更に細分化された仕事内容について教えてもらえないことが多い。

パタンナー志望だけでなく、一歩踏み込んで自分の強味を見つめなおすと就職・転職活動もスムーズで採用ミスマッチも少なくなり、企業も自分自身も幸せになれると思います。